前へ
次へ

四十九日の喪が明けたら遺品整理を始めよう

身内の葬儀が終わると、初七日から四十九日までの逮夜が控えています。宗派によっても多少の違いがありますが、四十九日を過ぎると喪が明けます。気持ちの整理を付けたり、部屋を清潔にするために遺品整理を始める必要があります。数多くの専門業者が存在するので、友人や知人などのアドバイスを受けておくと安心です。24時間365日対応の専門業者が増えているので、忙しい人も利用しやすいです。土日や祝日にも作業を行っているので、まずは相談をすると良いでしょう。燃えるゴミや粗大ゴミなどは、分別をして処分をしなければなりません。遺品整理の専門業者はゴミの処分をしてくれます。少しずつ遺品を片付けていると、金やプラチナなどの貴金属、絵画、茶道具などの骨董品が見つかることがあります。価値のある物は捨ててしまうのは、もったいないので専門業者が査定をしてくれます。年式が古くても人気の作家の作品や、重量のある貴金属などは買い取ってもらえます。部屋の一室だけでなく、ガレージや倉庫などの片付けもしてくれます。

Page Top